こんばんは、東スロです。



「そうだ雀荘を経営しよう!」

こんなことを急に思い立った人は少し自分を見つめなおしたほうがいいですね。



読む前に↓ポッチ、ワタシウレシイヨ(´・ω・`)b

 
にほんブログ村


パチスロ ブログランキング



なぜに今雀荘を経営?



なんで雀荘を経営について考えるのか?

それは流行っていない雀荘が売りに出されていたからです。ツイッターでプレイボール小川町店が売却先を探しているという情報がありました。



流行っている店なら売却となった時は関係者への売却になるが、または高額の買取金額となると思いますが、今回はかなり格安で経営的には赤字と厳しいものがあったかと思います。

そもそも昨年末あたりにオープンされて半年ももたずにで売却ということですから、いかに厳しかったかは想像できますかね…

もっと言うと、その前のオーナーもここで雀荘経営をされていて、その前の前のオーナーもここで雀荘経営されていたと。普通に考えてこの場所で雀荘経営はかなり厳しそうに感じます。

麻雀は大好きですが、セットとフリーともに年数えるほどしかいかないので、雀荘経営なんて私には無縁だな~と思いつつ話を聞きに行ってきましたとさ。



雀荘を取り巻く環境



麻雀を取り巻く環境について一言でいえば、

「パチスロ店以上に衰退傾向で縮小していく一方。」

雀荘数の推移を見てもらえば一目瞭然ですかね。

雀荘数

縮小傾向になる理由としてはパチスロ店と似たような理由ではあると思います。

・他に娯楽がある
・仲間内でやる麻雀文化が衰退
・ネットでセットもできる
・喫煙率低下による喫煙雀荘へ行く人の衰退
・ギャンブルとしての魅力が一般的には低い
・麻雀ブームが去り、普及活動等が弱い


理由は色々とあると思いますが、あまりいいニュースもなく衰退傾向だと思われます。

マイナスの点はあげるときりがないですが、

「世間的には麻雀が魅力的な娯楽だと思われていない。」

これが雀荘が衰退している原因なのかなと思います。(個人的には麻雀好きなんですけどね~、プロもイマイチだし、強くてもパチスロほど稼げないし、レート高くなると捕まるし…ぐだぐだ。)



衰退している以外でパチスロ業界と似ていると思うのは大手が強いこと。

衰退業界ではありますが資金力や経営力のある大手チェーンが生き残り、中小の雀荘が潰れている印象が強いです。

サカエやまーちゃおやZOO等の宣伝力のあるチェーン店が潰れずに幅をきかせているのに対して、個人経営店は常連が離れると潰れているのかな~。

そういった意味では経営を素人がしようと考えると厳しい業界であるでしょうし、しっかりとした資金力や経営戦略がないと厳しいかと思います。







雀荘経営って儲かるの?



素人によるコスト試算


モデルケース:東京の普通駅の駅前普通ビルで10卓規模


[前提条件]

・人が集まる地域で集客できる場所
・悪い立地なら集客できる経営戦略
・集客0地域ならコストは月々のコストは0円レベルに
・全ての店が摘発されるリスクあり



[開業資金]

賃貸保証金関連 30×0~12カ月=0~360万
許可申請期間家賃 30万×2~3カ月=60~90万
改装費用 0~100万
雀卓 40~70万×10卓=400~700万
備品・広告宣伝等 20~100万

開業準備金 480~1350万円



[毎月コスト]

家賃 30万
光熱費・維持費・懸賞他 10万
人件費 30~200万
広告宣伝費 0~150万
開業資金回収 0~10万

毎月のコスト 70~400万円


[売り上げ]

フリー 0~1000万
セット 0~300万
飲食等 0~60万

毎月の売り上げ 0~1000万ぐらい



書いていて意味不明な数字ばかりが並ぶな~と思いながら、あれやこれや。


条件面では集客できる地域どうかが全て気がする。

東京ならどこでもいいか?というとそんなわけもなく、新宿や渋谷や池袋等の人が集まる地域なら雀荘もやっていけているが、聞いたことも無い駅だと潰れている雀荘が残り細々雀荘があったりなかったりである。

出店するなら集客が条件の第一になるだろう、安い店だから飛びついて買おうと考える奴は成功したない。(私のことですな~( ˘ω˘))

あと点5の店が摘発されて事件があったが、経営される人は捕まるリスクを許容できないとスタートラインには立てないでしょうか。私は捕まりたくないな~。(棒読み


開業資金は居抜きで格安で譲ってもらうか、一からがっつりやるかで大きく金額に差がありそうです。

居抜きで格安で色々と譲ってもらえて保証金も免除されれば500万前後で始められるケースもありそうです、かなりレアケースかな。

一からだと格安にやりくりしても1000万ぐらいは資金が必要かな?保証金や雀卓は換金性があるから少しは回収できそうですが。リースや持ち家でも差が出るところ。


毎月のコストも経営スタイルでまちまち。フリーとセットの標準スタイルで人を常時4~5人用意するなら人件費で大半食われて月々200万前後はかかるでしょうか。

セットのみなら常駐1人で70万ぐらいで出来そうな気が、安いね!うん?安いのか??

人件費をいかに回収するかが大事になってきそうです。

フリーで人気のあるプロを定期的に呼ぶならその費用がかかるでしょうが、ここらへんはパチスロ店と似ている気が、一時的にくるお客さんですから広告宣伝的なところがね。


売り上げは10卓中のフリーとセットが2卓×2で4卓がフル稼働寄与で、フリー120万+セット60万+飲食20万=200万

フリーとセットの比率にもよりますが、10卓のうちに4割ぐらいを平均的に稼働できたら±0から利益が出る感じですかね。

フリーで月1000回半荘ぐらい稼働させるお客さんを獲得するのが経営課題になりそうですな~、セットは需給バランズさえちゃんとしてればある程度は集まる気が…


いつも以上に薄っぺらい内容になってしまった・・・

勝手に内容をまとめると、

・開業条件は集客第一で、経営戦略が欲しいところ
・開業資金は500万~1500万
・1年間経営するのに必要な余裕資金は500万~1000万
・毎月のコストは人件費がメイン、コストは経営スタイルによってまちまち
・フリー店はフリー1000半荘ぐらいの集客が損益分岐点

人件費をペイできるだけの集客ができれば黒字になりそうですね。

準備資金は2000万ぐらいですから、遊びで経営されたい方は少なくとも余裕資金1億以上の資金はあってやらないと痛い目みそうですね。

そう考えると趣味で雀荘を持ちたい自分にはまだ早いっすな~、いつ経営できるラインに立てるのやら( ˘ω˘)


プレイボール小川町店はどうなった?



売りに出されたプレイボール小川町は結局どうなったか?

結論から言うと、




出資者が見つかり無事に再オープンとなりましたとさ!

私が投資したのかって?



私は投資者には見事選ばれませんでした、ちゃんちゃん( ˘ω˘)


私が売りに出す側でも私には売らないと思うのでいい判断だったかと思います。

ちなみに前回は禁煙ノーレートで昔の常連さんのためであったりという前提で、±0で儲からなくてもいいという気持ちでやられていたとのこと。

今回は儲けを考えてやっていただければ旨くいくのかな?とは思います。(どこから目線の意見なのか…)

17年3月1日にプレイボール小川町店は再オープンされるので気になった方は行ってみようね!



禁煙ノーレート店から喫煙レート点に変化しているよ。



雀荘経営について駄文をだらだら書いたけれど、


遊びで雀荘経営なんて考える奴はどこかおかしいよね~、あっ俺のことか( ゚Д゚)

*素人が書いた内容なので一切ツッコミはしないで自分のサイトで正しい内容を書いてそのサイトを教えてくださいね。(ニコリ




読んだら押してほしいよね~(´・ω・`) ↓をポッチしてね。

 
にほんブログ村


パチスロ ブログランキングへ